トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 裏側矯正とは

知っていますか?裏側矯正について

知っていますか?裏側矯正について

歯並びをキレイにしたいけど、「装置が目立つのがとてもイヤ」「お客さんと接する仕事なので装置が見えてしまうと困る」という方は多いのではないでしょうか。

そのような方にお勧めするのが、裏側矯正治療です。歯の裏側に装置を着けて治療をするために、表からは他の人からみえず、他の人に気づかれることなく治療ができるのが特徴です。このページでは、裏側矯正のメリット・デメリットについてご紹介します。

裏側矯正はこんな方にお勧めです
裏側矯正のメリットを教えてください
裏側矯正のデメリットを教えてください

 

裏側矯正はこんな方にお勧めです

裏側矯正はこんな方にお勧めです「仕事柄、矯正装置が見えては困る」という方
接客業や営業職など、人と接する仕事についている方や、モデル・アナウンサーなど人前に出る仕事についている方にお勧めです。当院でも、芸能人の方や、キャビンアテンダントの方など、たくさんの方々が裏側矯正を行っています。

「装置が目立つので矯正治療をあきらめている」という方
装置が目立つのがイヤで治療をあきらめている方はいませんか?裏側矯正なら、人に装置を気付かれることはほとんどありません。なかには「家族にさえも気付かれなかった」という方もいるほどです。

「前歯が特に気になっている」という方
出っ歯の方は、歯の表側に装置をつけると装置の厚み分唇がさらに出て、出っ歯を強調してしまう場合があります。また、唇が表側の装置にひっかかり、唇が閉じにくくなってしまうことがあります。しかし、裏側矯正ではそのような心配はありません。

結婚式などのイベントを控えている方
結婚式、成人式、卒業式など人生の大きなイベントをひかえていらっしゃる方にお勧めです。裏側矯正であれば、装置をつけていても他の人に気づかれる心配はありません。

治療中にホワイトニングを希望されている方
はじめはそれほど気にならなかったのに、歯がきれいに並んでくると、歯の色が気になってくる方がいらっしゃいます。そんなとき、裏側矯正では装置をつけていても、問題なくホワイトニングができます。
 

裏側矯正のメリットを教えてください

他人に気づかれない
他人に気づかれない

裏側矯正のメリットは、なんといっても他人に気付かれにくいこと。
接客業・営業職・モデル・アナウンサーの方なども、気軽に矯正治療にチャレンジできる画期的な装置です。

矯正治療中に虫歯になってしまう可能性が少ない

矯正治療中に虫歯になってしまう可能性が少ない歯の表面の最も硬いエナメル質の層が歯の表側に比べ、裏側のほうが厚く、虫歯に対する耐性が強いと言われています。また、歯の裏側は常に唾液が流れているため、虫歯菌の出す酸を流してしまいやすく、虫歯になりにくいのです。

とはいえ、歯磨きをしなければ、虫歯になりますし、歯肉が腫れてしまうこともあります。当院では歯磨きのトレーニングを必ず行い、治療中の虫歯・歯周病予防のサポートを行っております。

装置が唇に引っかかり閉じにくいことがない

装置が唇に引っかかり閉じにくいことがない表側の矯正の場合、唇が装置にひっかかり、「口が閉じてにくい」とおっしゃる方がいます。特に出っ歯の方はさらに装置がつくことで閉じにくくなるケースもあり、場合によっては、毎回指で唇を戻してあげる必要もあります。

一方、裏側矯正では歯の表側にじゃまになるものがないため、快適に過ごすことができます。

装置がつくことで唇が出っ張ることがない
装置がつくことで唇が出っ張ることがない

昔に比べれば装置は小さくなり影響は少なくなってきましたが、今でも装置の厚み分、唇が出っ張ります。
裏側矯正の場合はその心配はありません。

食後、装置に食べ物がからまっているところを他人に見られることがない

食後、装置に食べ物がからまっているところを他人に見られることがない表側矯正でも裏側矯正でもそうですが、野菜やわかめなど繊維性の食べ物を食べられた直後、食べ物が装置やワイヤーにからまることがあります。

歯磨きをすればきれいになりますが、他の人と食事をされているとき、表側に装置をつけていると、その状態を見られてしまうことになります。裏側の場合は他人に見られることはなく、その後歯磨きをされれば大丈夫です。

 

裏側矯正のデメリットを教えてください

裏側矯正のデメリットを教えてください1. 舌に違和感がある
装置を歯の裏側につけたために、慣れるまでは、どうしても舌に違和感が出ます。とはいえ現在は、装置が小型化されたこと、カバーする方法が確立されていることから、ほとんど問題はありません。

「それでも違和感がある」という方には、下顎を表側からの装置にするラビオリンガルをお勧めしています。下顎の歯は唇に隠れ表から見えませんので、見た目を気にする心配はありません。

2. 発音しにくい
現在では装置の改良が進み、皆さんが思われている以上に影響は出にくいです。特にキャビンアテンダント、芸能人、店員の方々など積極的に話さないといけない方のほうがより早く慣れるケースが多いです。

しかし、銀行員の方など電話で数字のやり取りをされるような方は、当初「発音しにくい」といった問題がでるケースがあります。慣れれば問題ありませんが、どうしても気になる方にはラビオリンガルをお勧めすることもございます。

3. 歯磨きが難しい
装置が見えない分、歯磨きは、慣れるまでは難しいかもしれません。しかし、当院では、じっくり歯磨き指導をさせていただくため、ほとんど心配ありません。実は、裏側の方が表側からの矯正に比べて、ほっぺたがじゃましない分、磨きやすいと言われています。

4. 表側矯正よりも費用が高め
歯の表側はどんな歯もそれほど形に差はありませんが、歯の裏側はきわめて複雑で、歯の種類による差、個人差がものすごくあります。ですから、どなたにでも同じ装置で治療することができないのです。

おひとりずつの歯の形に合わせた装置をオーダーメードで作製し、使用します。その、作製に費用がかかるのと、治療に高度な技術が必要になるため、技術料も高くなります。とはいえ、当院の裏側矯正は80万円から(税抜)。一般的な裏側矯正費用の平均が100万円を超えることもありますから、リーズナブルな料金設定であると思います。

治療費について

関連ページリンク

当院が選ばれる4つの理由 裏側矯正とは 費用について
非抜歯矯正を目指す 透明な矯正装置 治療期間・流れ
当院で扱う装置について 矯正中の虫歯予防 子どもの矯正ガイド
あなたはどのタイプ? 患者さまの声 よくあるご質問 医療費控除

矯正歯科カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 裏側矯正とは


コールバック予約