トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 子どもの矯正ガイド

子どもの矯正ガイド

子どもの矯正ガイド

「前歯が目立つけれど出っ歯なのかな?」「前歯が斜めにはえてきたけれど大丈夫なのかな?」――親ならば、大切なお子さんの歯並びは気になるもの。

大人の歯が生えるにつれ並びが悪くなっているわが子を見ながら「矯正は必要なのかな」「いつごろから始めたらいいんだろう」と悩んでいる方はいませんか?

このページでは、子どもの矯正治療についてご説明します。

子どものうちから矯正をするメリットを教えてください
子どもの矯正を始めるタイミングとは?
子どもの矯正治療ではどんなことをするのですか?
子どもの矯正の流れを教えてください

 

子どものうちから矯正をするメリットを教えてください

子どものうちから矯正をするメリットを教えてください歯を抜く可能性が少なくなります
7歳から矯正治療を始めた場合、7割のお子さんは歯を抜かずに治療を終えられたというデータがあります。矯正治療が必要になる大きな原因は、あごが小さいためです。そして、歯の大きさも昔に比べると大きくなっています。小さいあごに、大きな歯が入りきらずに、がたがたの歯並びになっていることが多いのです。

自分で取り外しできる簡単な装置で済む場合がある
床矯正装置(しょうきょうせいそうち)とよばれる取り外し式の装置で治療が済みます。 床矯正装置とは、入れ歯のような自分で取り外しができる装置のこと。あごを広げて、永久歯が並ぶだけの隙間をつくってあげます。

自分でつけ外しできるため、食事のとき、歯磨きのときも外せるので、注意しないといけない食べ物はありませんし、歯磨きがとても楽で虫歯になる心配がありません。学校につけてゆく必要もないので、友達に装置を見られる心配もありません。夜、寝るときだけつけて、朝起きたら、外して学校に行ってください。それでも十分に効果はあります。

とはいえ、床矯正装置は、あごを広げる装置ですので、これだけでは完全にきれいに並ばないこともあります。そのようなときは、ワイヤーを一時的に使って並べたり、そのほかの装置を使うこともあります。

あごの大きさのアンバランスを整える治療ができます
受け口や、出っ歯の方の歯並びが、歯だけの問題でなく、顎の大きさのアンバランスが影響していることがよくあります。受け口も下顎が大きい場合、逆に下顎は問題ないのだけれども、上顎が小さい場合もあります。このような顎のアンバランスを改善する治療は、成長期の子どもでないとできません。

大人になると、顎の成長がないために、アンバランスの改善をするためには手術しか方法がなくなります。そのような意味からも、子どもの時期に矯正治療を始められることを積極的にお勧めします。
 

子どもの矯正を始めるタイミングとは?

子どもの矯正を始めるタイミングとは?お子さんの矯正治療を始めるのに最適なタイミングは、おひとりずつ、症状も異なりますし、成長の進み具合も異なりますので皆さん異なります。お友達がまだ治療をしなくて大丈夫でも、お子さんがまだ治療をしなくても大丈夫とは限りません。

ちなみに日本矯正歯科学会では、7歳までに矯正専門の医院で検診を受けることをお勧めしています。しかし、中にはもっと早く治療を始めないといけないお子さんもいらっしゃいます。わたし達にとってもっとも悲しいことは、手遅れになってしまっているお子さんに出会ったとき。もちろん、リカバリは可能ですが、「もっと早く来院していただけると歯を抜く必要がなかったのに」といったケースも少なくありません。

そのようなことが無いように、初心相談を気軽に受けていただきたいと思います。 相談に来られるのが早すぎて悪いことは全くありません。もし、幸いにも、早すぎて来ていただいた場合でも、虫歯のチェックもさせていただきますし、半年ごとなどに定期的に来院していただいて、継続的にチェックさせていただくこともできますので、来ていただくメリットは十分にあると思います。ぜひ、いらしてください。
 

子どもの矯正治療ではどんなことをするのですか?

子どもの矯正治療ではどんなことをするのですか?歯ブラシの基本を身につけ、歯並びに影響する悪癖(爪噛み・指しゃぶり)があれば、除去していきます
乳歯の虫歯は歯の正しい交換を妨げる原因となります。また悪習癖は将来の歯並びに影響します。正しいブラッシング法を身につけることは虫歯を予防するだけでなく歯並びにとっても大切なことです。

あごの骨の成長をコントロールします
たとえば、前歯のかみ合わせが逆(反対咬合)の場合、上顎が前に成長しようとしても下の前歯によって妨げられ、前方に成長できずに、骨格的な反対咬合になってしまうことがあります。また、かみ合わせのずれが原因で下顎が左右どちらかにずれていると、顎の成長も影響を受け、骨格的に左右アンバランスになることがあります。

そのため、早期に正しい咬み合わせに改善し、正しい骨格の形成を促す必要があります。

大人の歯が生えるためのスペースをつくります
最近のお子さんの傾向は、顎は小さくなり、歯は大きくなる傾向にあります。そのために永久歯の生えるスペースが不足し、八重歯になったり、叢生になるお子さんがとても多くいらっしゃいます。

また、乳歯が虫歯などで早期に抜けてしまい、そのままにしておいたために、6歳臼歯がどんどん前に寄って来て、小臼歯が生える隙間がなくなって生えて来ないと来院されるお子さんをよく見かけます。 乳歯の脱落で空いたスペースを確保したり、6歳臼歯を後方へ動かしたり、歯列を広げてあげることで、永久歯の生えるスペースを確保します。

負担の少ない装置を使います
たとえ小さなお子さまでも、歯に付いた矯正装置が気になるものです。コンプレックスのない明るいお子さまになっていただくためにも、子どもにとって精神的な負担の少ない装置を使用しています。
 

子どもの矯正の流れを教えてください

子どもの矯正の流れを教えてください子どもの矯正の場合、はじめからワイヤーの装置をつけて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は大きく分けて、ふたつのステップに分かれます。

ステップ1/第1期治療
この時期は、成長とともに状態を悪化させる要因を取り除き、その後の成長発育ができるだけ正常に近くなるように軌道修正をする期間をいいます。第1治療期がうまくいくと第2治療期では永久歯を抜かずに治療ができる可能性がグッと高くなります。ケースによっては、第1期治療だけで終了することもあります。


ステップ2/第2期治療
大人の矯正のことです。上下すべての歯にブラケットを装着し完全な咬合に仕上げる治療となります。※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります。

関連ページリンク

当院が選ばれる4つの理由 裏側矯正とは 費用について
非抜歯矯正を目指す 透明な矯正装置 治療期間・流れ
当院で扱う装置について 矯正中の虫歯予防 子どもの矯正ガイド
あなたはどのタイプ? 患者さまの声 よくあるご質問 医療費控除

矯正歯科カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 子どもの矯正ガイド


コールバック予約