トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 裏側矯正とは » 裏側矯正のメリットを教えてください

裏側矯正のメリットを教えてください

他人に気づかれない
他人に気づかれない

裏側矯正のメリットは、なんといっても他人に気付かれにくいこと。
接客業・営業職・モデル・アナウンサーの方なども、気軽に矯正治療にチャレンジできる画期的な装置です。

矯正治療中に虫歯になってしまう可能性が少ない

矯正治療中に虫歯になってしまう可能性が少ない歯の表面の最も硬いエナメル質の層が歯の表側に比べ、裏側のほうが厚く、虫歯に対する耐性が強いと言われています。また、歯の裏側は常に唾液が流れているため、虫歯菌の出す酸を流してしまいやすく、虫歯になりにくいのです。

とはいえ、歯磨きをしなければ、虫歯になりますし、歯肉が腫れてしまうこともあります。当院では歯磨きのトレーニングを必ず行い、治療中の虫歯・歯周病予防のサポートを行っております。

装置が唇に引っかかり閉じにくいことがない

装置が唇に引っかかり閉じにくいことがない表側の矯正の場合、唇が装置にひっかかり、「口が閉じてにくい」とおっしゃる方がいます。特に出っ歯の方はさらに装置がつくことで閉じにくくなるケースもあり、場合によっては、毎回指で唇を戻してあげる必要もあります。

一方、裏側矯正では歯の表側にじゃまになるものがないため、快適に過ごすことができます。

装置がつくことで唇が出っ張ることがない
装置がつくことで唇が出っ張ることがない

昔に比べれば装置は小さくなり影響は少なくなってきましたが、今でも装置の厚み分、唇が出っ張ります。
裏側矯正の場合はその心配はありません。

食後、装置に食べ物がからまっているところを他人に見られることがない

食後、装置に食べ物がからまっているところを他人に見られることがない表側矯正でも裏側矯正でもそうですが、野菜やわかめなど繊維性の食べ物を食べられた直後、食べ物が装置やワイヤーにからまることがあります。

歯磨きをすればきれいになりますが、他の人と食事をされているとき、表側に装置をつけていると、その状態を見られてしまうことになります。裏側の場合は他人に見られることはなく、その後歯磨きをされれば大丈夫です。

 

トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 裏側矯正とは » 裏側矯正のメリットを教えてください


コールバック予約