トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 透明な矯正装置 » 取り外しのできる透明の矯正装置のメリット・デメリット

取り外しのできる透明の矯正装置のメリット・デメリット

透明の矯正装置マウスピース型の矯正装置は、透明であるため目立たないうえ、自分で取り外しができるので、食事中のわずらわしさがありません。一定の間隔で装置を作りかえ、段階的に歯を動かす画期的な装置です。

しかしながら、誰でもこの装置で治療ができるわけではありません。比較的軽度な治療で使用することは可能ですが、難しい症例になると、この装置だけでは完結することはできません。そしてなにより、一日17時間以上の使用を要求されるので、シッカリ装着しておかないと、治療を終えることができません。

<透明な矯正装置のメリット>
◆自分で着脱できる
◆歯磨きが簡単
◆食事のときに装置を外すことができる
◆比較的、装置が目立ちにくい

<マウスピース矯正のデメリット>
◆一日17時間以上、ご自身の意思で使用しないといけない
◆歯を動かす能力がワイヤーと比べると劣り、簡単な症例に限られる
◆食事のたびに装置を外し、歯磨きをして装着しないといけない
◆上下の歯の間にマウスピースが介在するため、あごの位置が不安定になることがある


トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 透明な矯正装置 » 取り外しのできる透明の矯正装置のメリット・デメリット


コールバック予約