トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 子どもの矯正ガイド » 子どもの矯正治療ではどんなことをするのですか?

子どもの矯正治療ではどんなことをするのですか?

子どもの矯正治療ではどんなことをするのですか?歯ブラシの基本を身につけ、歯並びに影響する悪癖(爪噛み・指しゃぶり)があれば、除去していきます
乳歯の虫歯は歯の正しい交換を妨げる原因となります。また悪習癖は将来の歯並びに影響します。正しいブラッシング法を身につけることは虫歯を予防するだけでなく歯並びにとっても大切なことです。

あごの骨の成長をコントロールします
たとえば、前歯のかみ合わせが逆(反対咬合)の場合、上顎が前に成長しようとしても下の前歯によって妨げられ、前方に成長できずに、骨格的な反対咬合になってしまうことがあります。また、かみ合わせのずれが原因で下顎が左右どちらかにずれていると、顎の成長も影響を受け、骨格的に左右アンバランスになることがあります。

そのため、早期に正しい咬み合わせに改善し、正しい骨格の形成を促す必要があります。

大人の歯が生えるためのスペースをつくります
最近のお子さんの傾向は、顎は小さくなり、歯は大きくなる傾向にあります。そのために永久歯の生えるスペースが不足し、八重歯になったり、叢生になるお子さんがとても多くいらっしゃいます。

また、乳歯が虫歯などで早期に抜けてしまい、そのままにしておいたために、6歳臼歯がどんどん前に寄って来て、小臼歯が生える隙間がなくなって生えて来ないと来院されるお子さんをよく見かけます。 乳歯の脱落で空いたスペースを確保したり、6歳臼歯を後方へ動かしたり、歯列を広げてあげることで、永久歯の生えるスペースを確保します。

負担の少ない装置を使います
たとえ小さなお子さまでも、歯に付いた矯正装置が気になるものです。コンプレックスのない明るいお子さまになっていただくためにも、子どもにとって精神的な負担の少ない装置を使用しています。
 


トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 子どもの矯正ガイド » 子どもの矯正治療ではどんなことをするのですか?


コールバック予約