トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 子どもの矯正ガイド » 子どものうちから矯正をするメリットを教えてください

子どものうちから矯正をするメリットを教えてください

子どものうちから矯正をするメリットを教えてください歯を抜く可能性が少なくなります
7歳から矯正治療を始めた場合、7割のお子さんは歯を抜かずに治療を終えられたというデータがあります。矯正治療が必要になる大きな原因は、あごが小さいためです。そして、歯の大きさも昔に比べると大きくなっています。小さいあごに、大きな歯が入りきらずに、がたがたの歯並びになっていることが多いのです。

自分で取り外しできる簡単な装置で済む場合がある
床矯正装置(しょうきょうせいそうち)とよばれる取り外し式の装置で治療が済みます。 床矯正装置とは、入れ歯のような自分で取り外しができる装置のこと。あごを広げて、永久歯が並ぶだけの隙間をつくってあげます。

自分でつけ外しできるため、食事のとき、歯磨きのときも外せるので、注意しないといけない食べ物はありませんし、歯磨きがとても楽で虫歯になる心配がありません。学校につけてゆく必要もないので、友達に装置を見られる心配もありません。夜、寝るときだけつけて、朝起きたら、外して学校に行ってください。それでも十分に効果はあります。

とはいえ、床矯正装置は、あごを広げる装置ですので、これだけでは完全にきれいに並ばないこともあります。そのようなときは、ワイヤーを一時的に使って並べたり、そのほかの装置を使うこともあります。

あごの大きさのアンバランスを整える治療ができます
受け口や、出っ歯の方の歯並びが、歯だけの問題でなく、顎の大きさのアンバランスが影響していることがよくあります。受け口も下顎が大きい場合、逆に下顎は問題ないのだけれども、上顎が小さい場合もあります。このような顎のアンバランスを改善する治療は、成長期の子どもでないとできません。

大人になると、顎の成長がないために、アンバランスの改善をするためには手術しか方法がなくなります。そのような意味からも、子どもの時期に矯正治療を始められることを積極的にお勧めします。
 


トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 子どもの矯正ガイド » 子どものうちから矯正をするメリットを教えてください


コールバック予約