トップへ » 院長紹介・経歴 » 苦労をしてきたぶん、より良い治療ができると自負している

苦労をしてきたぶん、より良い治療ができると自負している

人より少し苦労をしてきたぶん私と副院長が矯正治療を学んだのは、とても厳しい先生でした。そんな先生のもとで研鑽を積めたことで、「裏側矯正でできない症例はない」と言えるまで、成長することができたわけです。

一般的に裏側矯正は、大学で専門的に学ぶことはできません。多くの先生は、裏側矯正に関してはほぼ独学で学んでいくのですが、私たちの場合は裏側矯正の権威と言えるほどの先生に教えを請うことができました。おかげで、誰にもまけない技術は持っていると自負しています。

私が歯科医になった理由ですか?実は、歯科大学に通う前に工学系の大学で学んでいました。大学院を修了し、就職も決まった矢先、当時歯科医師だった叔父から医院を継いで欲しいと言われ、歯科大学に入学。歯科の道に進むことになりました。

今考えると、一般の大学で歯科以外の世界を知っておくことができたことは、色々な意味で良かったと思っています。ですからいつも患者さまから「先生らしくない先生ですね」とよく言われるんですよ。皆さん本当にリラックスして診療にいらっしゃいますね。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 苦労をしてきたぶん、より良い治療ができると自負している


コールバック予約