2013年6月17日 « トップへ » 2013年8月 7日

2013年7月26日

こんな人にオススメ裏側矯正

こんな人にオススメ裏側矯正矯正をしたいけど、
今の職業では大丈夫なのだろうか、
結婚を控えた今の時期では大丈夫なのだろうか、
楽器を演奏しているけど良いのだろうか...

今まで様々な患者さまのご要望やご相談を受けて来ました。

以下は、そのほんの一例です。

ぜひ安心して一度相談にいらしてくださいね。

スチュワーデス

エアラインによって、矯正装置に規制があり、絶対に上下裏側でないといけない、または、上裏側・下表側にすれば良い、と分かれるようです。

過去には治療の必要性を明確にするために、診断書を必要とする会社もありましたので、診断書を作製したことがあります。

お気軽にご相談くださいね。

看護婦

勤務シフトがあるため、平日の日中に来られる方が多いです。
当院も、比較的余裕のある時間帯なので、予約を取りやすいですよ。

楽器演奏者

院長も趣味として今も楽器を演奏しています。
中高とブラスバンドでトロンボーンを吹いていまして、それ以降はサックスに転向して、今も時間があれば、練習に励んでいます。
楽器を演奏している方のお気持ちもよく分かります。

当院では、楽器演奏者の患者さまには、演奏している管楽器の種類によって装置をご提案させていただきます。

金管楽器の場合、裏側の装置の方が演奏しやすいです。マウスピースが小さいトランペット、ホルンなどは裏側矯正をおすすめ。
トロンボーン以上の大きなマウスピースの場合、表側矯正でも、あまり問題はないです。

木管楽器の場合、上を裏側、下を表側をおすすめすることが多いです。

ブライダル

治療途中で、結婚式を迎えられる方には、ご希望の方には挙式前に、装置の実費分のみご負担いただいて装置をはずします。
最高の結婚式を終えられたあと、再度装置を装着致します。


2013年6月17日 « トップへ » 2013年8月 7日


コールバック予約