歯並びでお悩みなら目黒パークサイド矯正歯科で根本治療

マウスピース矯正 アタッチメントの安全性について

1.アタッチメントとはなに?

2.アタッチメントの役割

3.アタッチメントを使用することのメリット

4.アタッチメントを使用することのデメリット

 

 

1.アタッチメントとはなに?

マウスピース矯正では、歯の表面に、長方形の箱型だったり、円錐型であったり、様々な形のプラスチックのでっぱりを歯の表面に接着剤で着けて治療をすることがあります。

このでっぱりのことをアタッチメントといいます。

 

2.アタッチメントの役割

何故、このようなものを付けるかというと、

マウスピースを被せただけでは、歯にしっかり力がかからない場合、

例えば、大きく歯が、傾いていたり、ねじれていたりするようなときに、力をしっかりかけるために、アタッチメントを接着し、マウスピースをバチッとはめることで、確実に力をかけて行きます。

 

3.アタッチメントを使用することのメリット

メリットは、マウスピースを被せるだけでは動きにくい歯を動かすことができることにつきます。

それだけ重度の歯並びの場合には必要なことがあります。

 

4.アタッチメントを使用することのデメリット

・審美的側面

アタッチメントは、歯に力をかけやすいというメリットはあるのですが、歯の表面にプラスティックのデコボコがつくので、審美的には、あまりよくはありません。

 

・違和感

装置を外している時、歯の表面にデコボコがあるために、唇に違和感があります。

 

・脱離による治療への影響

アタッチメントは接着剤でつけているだけなので、はずれることもあります。

アタッチメントが外れた場合が問題で、外れた歯の動きが予定外の動きになってしまうために、ただ付け直してそこから再スタートとは行かずに、大分ステップを戻して再スタートになることもあります。

そもそも、動きにくい歯にアタッチメントを付けているので、後戻りも大きいわけです。

 

・安全性の問題

ここからが、本題なのですが、アタッチメントのデメリットの一番大きいものが、歯に過剰な力がかかることです。

マウスピースをアタッチメントにはめてそこから歯にかかる力は、まず、問題はないのですが、着脱の時にかかる力が大問題です。

アタッチメントのついた歯に、マウスピースをはめるときに、バチっとはまります。また、外すときにも結構な力をかけないと外せません。はめる時、外すときそれぞれに、相当な力がかかり、歯根にそれだけの力がかかります。

その力の大きさが不安で、メーカーに問い合わせたのですが、結局、それに関してのデータの開示は出来ないということで

教えてもらえませんでした。

さらに問題なのが、ワイヤー矯正のように装置の着脱が月に一回程度であれば、問題も少ないのですが、マウスピース矯正の場合、飲食のたびに一日に何度も着脱を繰り返し、そのたびに過剰な力がその回数分かかるので、負担も相当大きいはずです。

そのため、当院では、アタッチメントを一切使用していません。

安全性が確立されれば使用を考えなおすかもしれないのですが、現在は使用しておりません。

 

 

 

 

 

 

 

マウスピース矯正の診断、治療

マウスピース矯正を始めるまでの流れとして、1.検査→2.診断→3.治療開始となります。

1.検査 検査では、歯並び、かみ合わせ、歯根の状態、歯茎の状態、顎の関節の状態を調べます。

1-1 お口の中の写真

1.2 歯型

1-3 レントゲン

1-3-1 パノラマ写真

1.3-2 セファロ写真、P-A写真

1-3-3 顎の関節の写真

1-4 お顔の写真

1-5 口腔内診査

 

1-1 お口の中の写真

歯並び、お口の中の状況、かみ合わせを確認します。通常、正面、上顎、下顎、右側方、左側方の5枚プラス、噛んだ状態の前歯の状態を横からと下からの2枚、合計7枚の写真を撮影します。

 

1.2 歯型

歯の型を取ります。これによって、正確なかみ合わせ、歯並び、歯の大きさ、歯の状態を確認します。

粘土みたいな印象材でとる従来の方法と、デジタルで歯型をとる方法があり、当院では、デジタルで歯型を採取します。

デジタルで採取するメリットは、患者さんの負担が少ないことと、そのデータをそのままデータとして送ることが出来、

マウスピースをすぐ作成できます。

 

1-3 レントゲン

矯正治療をするにあたって、レントゲンは必須です。お口の中を見ただけでは、歯根の状態、歯の角度、歯周病など骨の状態、顎の関節の状態は全くわからないため、レントゲンを必ず撮影します。当院のレントゲンはデジタルなので、今までのレントゲンと比較すると1/3-1/10程度と少ない放射線量で撮影できます。

 

1-3-1 パノラマ写真

顎全体の写真です。このレントゲン写真によって歯根の状態、歯槽骨の状態などがわかります。中には、歯根の長さの短い方、歯周病などで歯槽骨が吸収して骨の高さが低くなってしまっている方がいます。そのような方の場合、無理な力をかけるとさらに、歯が弱くなり、ぐらぐらになってしまう恐れがあるために、治療を見合わせた方が良い場合もあります。そのように、治療をしても大丈夫かどうか、治療するにしても慎重にする必要があるのかどうなのかの判別をするために必須なレントゲンです。

 

1.3-2 セファロ写真、P-A写真

正面からと横顔のレントゲンです。このレントゲンによって、顎のアンバランスがあるのかどうか、骨格的に出っ歯なのか、受け口なのかがわかります。また、前歯の角度が数字で正確にわかりますので、歯が出っ歯なのか、受け口なのか、確認できます。また、開咬の方など、歯が原因で前歯が噛んでいないのか、骨格的に問題があるのかなども、正確にわかります。矯正治療をする際に、絶対に必要なレントゲン写真です。

 

1-3-3 顎の関節の写真

顎の関節の断層写真を撮影します。顎の関節の断面を撮影するもので、顎の関節が正常な形なのか、変形しているのか、関節のずれがあるのかどうなのかを確認します。例えば、顎関節症で、顎関節の吸収が進行している方などは、矯正治療をすることでさらに進行する可能性があるため、このレントゲンでの確認が必要です。また

 

1-4 お顔の写真

左右の横画を、左右45度の写真、正面の写真と最低5枚の撮影をします。この写真によって、治療前の状態を記録保存することによって、治療後にどのような変化があったのかを把握することが出来ます。

 

1-5 口腔内診査

お口の中を直接拝見させていただき、歯肉の状態、咬耗、粘膜の状態、むし歯の有無、などを調べます。また、顎を開閉していただいて、左右にずれたり、顎の関節に痛みがないかなど、口腔領域を全体的に診査します。

 

 

2.診断

これらの資料をもとに、現状がどのよう状況なのかを把握し、どのような治療をするのが望ましいのかを」診断します。

歯を動かす際に、歯周組織が健康な状態であっても、歯を動かせる限界があり、その限界内でどのように治療をするのかを診断し、さらに、歯周病であったり、歯根が短いような場合は、さらに、限界が低い状態なので、注意を要し、どのように注意をしないといけないかなど、慎重に判断して行きます。

 

 

 

3.治療開始

診断をもとに、どのように治療するか、どこまで治療するかを決定し、装置を作成し、治療を開始します。

 

 

マウスピース矯正の適応症例

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正と違って、ブラケットを接着する必要もなく、マウスピースをご自分で被せるだけなので、とても気軽に治療を始められます。。

ただ、柔らかい素材のマウスピースを被せるだけなので、ワイヤー矯正に比べると、治療可能な範囲が限られ、適応症例と適応しない症例があります。

目次

1.適応症例

1-1軽度の叢生

1-2軽度の出っ歯

1-3空隙歯列

2.適応外の症例

2-1重度の叢生

2-2重度の出っ歯、受け口

2-3開咬

2-4顎位の不安定な症例

 

1適応症例

1-1 軽度の叢生

軽度の叢生というのは、重なりがあまりなく、歯と歯の間に少し隙間を作ってあげれば並ぶ程度を差します。

隙間を作る方法は、隙間を作る専用の薄いシートで、一度に0.1-0.2mm程度ずつ削って作ってゆきます(IPR)。むし歯で歯を削るのとはちがい、シートでわずかな隙間を作る程度なので、痛みもありませんし、その隙間もすぐにとじてしまうので、見た目も全く気になりません。

この程度の叢生は、マウスピース矯正にとても適しています。

1-2軽度の出っ歯

軽度の出っ歯というのは、望まれる前歯を引っ込めたい量がわずかで、IPRによって隙間をつくる程度で治療出来る程度の出っ歯です。一般的には前歯を引っ込めたい量が2mm程度であれば、治療が可能です。

1-3空隙歯列

いわゆる、すきっぱの歯並びです。隙間のあきぐあいにもよりますが、基本的にはマウスピース矯正に適しています。

 

2.適応外の症例

2-1重度の叢生

重度の叢生というのは、重なりの度合いが大きく、並べるために必要なスペースをたくさん必要とする歯並びです。IRPだけでは不十分な場合、抜歯をしないといけないことがありますが、抜歯を必要とする場合はマウスピース矯正の適応外になります。まだ、抜歯症例に対するマウスピース矯正の信頼性が不十分なためことが理由になります。

2-2重度の出っ歯、受け口

どちらも、IRPだけでは対応できずに、抜歯が必要な場合、マウスピース矯正適応外になります。

2-3開咬

開咬の治療の基本は前方に傾いている奥歯をまっすぐにすること(アップライト)が基本になります。奥歯をアップライトするためには、犬歯同士あたりに上下でゴムを使用し、その力で奥歯をまっすぐにするのですが、マウスピース矯正でアタッチメントを使用したとしてもまだまだアップライトを行う能力にたいする信頼度は不十分で、適応外になります。

2-4顎位の不安定な症例

顎の位置が不安定な方の場合、マウスピースを使用することで、顎の位置が変わる可能性があります。

自分の歯同士で接触している際は、比較的位置が変わりにくいのですが、不自然な位置でいつも噛んでいる方は、マウスピースを使用することにより、顎が自由に動けるようになることで、自分の動きたい方向へ顎が動いてゆき、かみ合わせが変わります。そのため、マウスピース矯正をすることにより、顎の位置が不安定になり定まらなくなる可能性があるため、マウスピースによる治療は避けた方が良いです。