歯並びでお悩みなら目黒パークサイド矯正歯科で根本治療

こどもの矯正治療、したほうがいい?しないほうがいい?

こどもの矯正治療に関して、したほうがいいですか?それともしなくてもいいですか?という質問をうけることがあります。

迷わず、絶対にした方がいいとお答えしています。

なぜかというと、こどもの時期にしかできない大切なことが沢山あるからです。

例えば、受け口気味のお子さんであれば、チンキャップという装置によって、下顎の成長方向を誘導してあげることによって、受け口の傾向を変えてあげることが出来ます。

また、出っ歯気味のお子さんの場合、上顎の奥歯が下顎の奥歯よりも前方に位置しています。そのために、ヘッドギアという装置で、上顎の奥歯を後方に動かしてあげることで、奥歯のかみ合わせをよくすることと、出っ歯を治すためのスペースを確保してあげることが出来ます。

非常に多い、叢生のお子さんの場合、寝る時にだけ、自分で着け外しのできる装置で、歯並びを広げてあげて、永久歯の生えるスペースを作ることが出来ます。これは、こどもの時期にしか効果はありません。

もちろん、広げられる量にも限界があるので、将来的に抜歯を考えないといけないお子さんもいらっしゃいます。

しかし、そのようなお子さんであっても、こどもの時期の矯正治療をしておいてあげると、その先のワイヤーの治療が

本当に楽になります。子供の時期の治療をせずに、永久歯になってから抜歯をしてワイヤーの治療をする場合、抜歯をしてもスペースが足りず、奥歯をアンカーインプラントを使用して、後方に動かしようやく並ぶこともあります。

それらを考えると、こどもの時期に治療を始めてあげることは、とても大切で、大きなメリットがあります。

昔は、特に矯正をしなくても、永久歯に生え変わると自然ときれいに並ぶこどもが多かったようです。

その頃のこどもは、間違いなくすきっぱで、乳歯が抜けて永久歯に生え変わると、ちょうど隙間が閉じてきれいに並びました。現在でも、ごくまれに顎の大きさに対して歯の大きさが小さいお子さんは矯正をしなくてもきれいに並ぶこともありますが、

乳歯の時期に、すきっぱでないお子さん、隙間なくきれいに並んでいるお子さんはほぼ間違いなく、永久歯が並ぶ隙間が足りません。

近年、逆に、歯の本数の少ないお子さんも増えています。顎が小さくなるにつれて歯並びが悪くなっていますが、それに適応するかのように、歯の本数が減り始めています。

比較的多いのが、下顎の5番目の歯、下顎の前歯などです。中には、上顎の12歳臼歯が欠損してかわりに親知らずが生えてくれる場合もあります。

このような場合、よく考える必要があります。将来的に後継永久歯のない乳歯を残すのがいいのか、それとも乳歯を抜歯して

横の歯をずらしてきた方がいいのかなど、非常に難しくなることもあります。矯正治療の検査をすれば、確実にわかりますので、その意味も含めて、6歳ぐらいに一度、診せに来ていただくことをお勧めします。

 

 

こどもの矯正治療をはじめるのに適した時期

こどもの矯正治療をはじめるのに適した時期は、前歯4本が生え変わった頃。大体、6歳頃になります。

もちろん、完全に生え変わる必要はなくて、だいたいそのころに来ていただくとよいと思います。

そのころから装置を使い始めると、多くのお子さんは、歯を抜かないで永久歯をならべることが出来るようになります。

当院で使用する装置は、歯並びを広げる床装置で、使用時間は基本的には夜寝るときだけ。8時間ぐらいしっかり使用していただければ十分です。

当院で使用する床装置の優れたところは、寝るときだけ使用すればよいので、学校に装置をして行く必要がないこと。また、食事や歯磨きの時には装置を外しているので、むし歯になる心配がないことです。

痛みに関しても、1週間に一度、装置のねじを保護者の方に回していただいて広げて行くのですが、その際に広がる量は0.2mm、片側0.1mmずつ広がる程度なので、装置を入れた時に少しきついかなと思う程度で、1日もするときつさもなくなり、痛みはありません。

ただ、幅を広げるにしても広げられる限界があるため、明らかに将来歯を抜かないと並ばないお子さんもいらっしゃいます。

しかし、そのような場合でも、子供の時期の矯正をしておいた方が良いと考えています。その理由は、将来的に歯を抜くとしても、その後のワイヤー治療が圧倒的に簡単になるからです。もちろん治療期間も短くなります。お子さんへの負担が圧倒的に軽くなるからです。

当院では診断の時にその可能性をお話しして、納得していただいてからスタートします。中には、抜歯の可能性でスタートしお子さんの成長が著しく、抜かずに済んだこともあります。

どうして、子供の時期の矯正治療が必要になってきたかというと、今のお子さんは顎が小さくなりつつあるのに、歯の大きさはほとんど変わりがなく、永久歯が並ぶスペースが足りなくなっているからです。

昔のお子さんは、顎もしっかりしていて、乳歯の時はすきっぱで、永久歯が生えてちょうどになることが多かったのですが、今のお子さんは、乳歯の時にすでに隙間なく並んでいて、永久歯が生える隙間がありません。

ですので、矯正治療によって隙間を作ってあげないと永久歯が生えて来れない、並ばないということになります。

ただし、受け口かなと思われるお子さんの場合は、6歳まで待たずに、早めに受診してください。早めに対処することが必要なこともありますので、早すぎるかなと思わず、一度いらして来て下さい。