歯並びでお悩みなら目黒パークサイド矯正歯科で根本治療

矯正治療を始めようと考えている方へ

歯並びであったり、口元の感じであったり、気になるところがあって、治せるのなら直したいなと思った時に、果たしてこれは、どこに行って治せばいいのだろうと考えますよね

そもそも、自分は、どの科を受診すればいいのかから始まりますよね。

歯並びだから、矯正科なのか、それとも矯正以外なのかなど。

 

カウンセリングにいらっしゃる方のステージというのがおよそ3っに分けられます。

1st:そもそも、自分は、治す必要があるのかを知りたい

2nd:治す必要があることは分かったけれど、矯正治療に対してわからないことがいろいろあって踏み

   出せない

3rd:矯正治療に対する不安は解消されて、矯正治療をしたいのだけど、どの病院で治療をしたらよい

   のかがわからない

初診カウンセリングは、どのステージでも構わないので、いらしていただいて、わからないことを、お話しいただき、解決していただくためのものです。

 

自分の悩みが矯正治療で解決するのか。

自分は矯正治療をする必要があるのか。

矯正治療にどのくらい費用がかかるのか

装置を付けた時の違和感はどんな感じなのか

歯を動かすときの痛みはどんなものなのか

どのような矯正装置の選択が出来るのか

治療期間はどのくらいかかるのか

治療中の食事はどのようになるのか

治療をする病院の決め手は

このような疑問、質問をお持ちの方は、一度いらしていただいてお話を聞かせてください。

無理に治療を勧めたりすることはしません。

ありのままの情報をお伝えいたしまので、安心していらして下さい。

 

 

 

 

 

 

リテーナーを清潔に保つ方法

お口の中には何千もの細菌がいます。皆さん最低でも一日二回は歯磨きをするかとおもいます。リテーナーも一日中使用していただくのであれば歯と同様にお掃除する必要があります。

リテーナーは適切な方法で洗浄しなければ歯垢が付着してしまいます。

今日はリテーナーのお手入れの方法についてお話していきます。

 

 

  • 洗浄剤を使う

マウスピースの隅々に隠れた汚れや細菌は水やブラシだけではしっかり除去することが出来ません。ニオイや細菌が繁殖して病気の引き金になることもありますので、洗浄剤を使用して頂くことをおすすめします。

洗浄剤には漂白成分やタンパク質分解酵素が含まれていますので、手洗いでは落ちない汚れ、細菌を落とすことができます。

当院ではリテーナーシャイン、リテーナーブライト

二種類の洗浄剤を販売しております。

入れ歯洗浄剤とは成分が若干違うので、矯正器具の洗浄にはリテーナー専用の洗浄剤を使用してください。

 

 

  • 歯磨きをしてから使用する

歯の表面にはお食事後、沢山の汚れが付着しています。

その汚れが残ったままリテーナーを使用すると汚れがリテーナーに付着するだけでなく虫歯や歯周病の原因となります。リテーナーを装着していると密閉状態になるため通常よりも殺菌が繁殖しやすくなります。きちんと歯磨きをしてからリテーナーを使用してください。

 

 

  • 使用中着色物に気を付ける 

リテーナー装着時に着色しやすいお食事や飲み物を摂取してしまうと、歯にお色味がつくだけでなくリテーナーにもお色味がついてしまいます。

歯の着色はクリーニングで落とすことが出来ますが、リテーナーについてしまった着色は落ちづらくなっています。一度ついてしまった汚れを元の状態に戻すにはお作り直しが必要になる場合があります。お気をつけください。

着色しやすい代表例はカレー、ミートソース、コーヒー、紅茶、たばこなどがあります。これだけではありませんが、基本的にリテーナーを装着した状態ではお水のみおすすめとなっています。

 

 

  •  歯磨き粉で磨かない

リテーナーの洗浄で歯磨き粉は使用しないでください。

一見問題なさそうですが、歯磨き粉の多くには研磨剤という成分が含まれています。

歯磨き粉をつけて洗うと、研磨剤によってリテーナーの表面に細かい傷がついてしまいその傷に細菌や着色が溜まりやすくなってしまいます。

基本は洗浄剤で洗い、それでも汚れが気になるときには柔らかい歯ブラシでやさしく磨いてください。

 

 

 

受付でよくご質問がある医療費控除について

医療費控除とは?

自分や家族の病気や怪我などにより医療費を支払った場合は、確定申告を行うことで一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

医療費控除とは上限を200万円として、1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合、確定申告を行うことで超過分について所得控除を受けることができる制度です。所得控除とは、税金を計算する際に基準となる課税所得に含めなくてよいという仕組みです。医療費控除の申請をすれば所得税と住民税の一部が還付されるということです。歯科矯正の場合は、症状によりますがかなりの割合で医療費が10万円を超えることが考えられます。一年間で支払った医療費の総額が、ご家族で年間合計10万円を超える場合(または確定申告される方の合計取得金額の5%を超える場合)医療費控除を受けることができます。

 

矯正治療は対象になるの?

よくご質問をお受けするのですが、矯正歯科治療は医療費控除の対象になる場合があります。

美容目的の矯正治療は対象とならない場合がございますが、歯科医師が噛み合わせや歯列に問題があり改善が必要と判断した場合に適用となります。税務署によっては診断書が必要な場合がございますので、ご確認ください。

大人の矯正治療だけではなく、発達段階にある子供の矯正も対象になります。

 

※支払った医療費が医療費控除の対象になるかどうか詳しくは税務署で確認してください。

 

控除の対象になるものは?

検査料、診断料、矯正基本料金、処置料、通院費(公共交通機関のみ)

交通費の記録は忘れずに。

 

医療費控除のポイント

*家族の中で一番所得金額の多い人が医療費控除の申告をするとお得です。

*確定申告をしてない場合、申告をすることで医療費控除は最長5年前までさかのぼって受けることができます。

*治療は同じ年に家族でかかるとお得です。

 

 

当院でお願いしていること

お会計の際必ず領収書をお渡ししております。

一度発行した領収書は再発行できませんので、必ず大切に保管してください。

診断書が必要な場合お電話でかまいませんので早めに受付までお伝えください。

 

 

*詳しくはお近くの税務署までお問い合わせください。

参考までに国税庁 (https://www.nta.go.jp/)ホームページへ。

マウスピース矯正ってなに?

最近は、矯正治療の中でもマウスピース矯正の需要が増えてきました。

今日は患者様からよくご質問いただくマウスピー矯正の種類と、メリット・デメリットについてご案内致します。

マウスピース矯正とは?

簡単に説明すると、ブラケットと呼ばれる金属の装置やワイヤーを使用せずにマウスピースで歯並びを直す治療法のことを言います。

マウスピース矯正の種類

マウスピース矯正にも種類があり当医院の場合インビザラインASOアライナーを使用しています。

マウスピース矯正の中では治療実績が最も多いのがインビザラインです。

インビザラインは世界で800万人以上を超える治療実績があり、矯正先進国であるアメリカやカナダでは、70%以上の矯正医がインビザラインを採用しています。

インビザラインは、コンピュータを用いて歯の移動を三次元的にシュミレーションし、マウスピースを矯正スタートから完了まですべての装置を最初に作製することが特徴です。

ASOアライナーは、日本で誕生した国産のマウスピース矯正方法です。

矯正治療の各ステップで歯の移動量をコンピュータで測定し、少しずつ歯並びを理想的なものにしていきます。

インビザラインのように最初に矯正完了までのすべてのマウスピースを作製するのではなく、各ステップで歯型を採取し歯の移動量を測定して次のステップのマウスピースを作製します。

それぞれのメリット・デメリット

インビザライン

メリット

・矯正スタートから最後までの装置を最初に作成するので最小限の歯型で済む。

・矯正終了までの期間がわかりやすい。

・予測完成のシュミレーションがみれる。

デメリット

・装置を最後まで作成するので、途中で虫歯治療などができない。

・海外にて作成するので納期に時間がかかる。

ASOアライナー

メリット

・国内に技工所があるので、納期が早い。

・各スッテップで歯型を取るので、修正が早い。

・虫歯治療など途中で歯の形が変わっても対応できる。

デメリット

・歯型の回数が多い。

・治療完了の回数が明確ではない。

両者とも見た目は透明で一般的なマウスピース矯正のものと変わりはありません。取り外しが可能で、歯が動くごとに新しいマウスピース矯正に付け替えていきます。見た目の違いもほとんどありませんが、インビザラインは歯のみを覆う形に対して、アソアライナーは歯茎まで覆う形になっており、人によっては若干違和感があるかもしれません。しかしながら、フィット感や装着後の見た目にはどちらも変わりはありません。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

メリット

1透明で目立ちにくい

マウスピースは薄く、矯正中だとほとんど周囲の人に気づかれないです。

審美的な観点からみるとマウスピースは最も優れています。

2取り外しが可能

ご自身で着脱することができるので、大事な写真撮影などの予定に柔軟に対応できます。

3清潔に保ちやすい

マウスピース矯正は複数枚の装置を歯の動きに合わせて交換していきます。

そのためきれいなマウスピースを維持しやすくなっています。

またワイヤーがついていないので歯磨きがしやすくなっています。ワイヤーによる歯列矯正の場合、ワイヤーをつけたまま歯磨きを行うためどうしても磨き残しが多くなり、虫歯の原因になることもあります。一方、マウスピース矯正は何もない状態で磨けるので、口の中をすみずみまで磨くことができます。

口腔内の清潔を簡単に保つことができれば、虫歯や歯周病の予防にもなります。

4食事制限がない

ワイヤーによる歯列矯正と比べて、好きなときに自分で取り外しができるので装置に食べ物が詰まる心配はありません。ワイヤー矯正では脱落の原因となりやすい固い食べ物も自由に楽しむことができます。

デメリット

1 1日20時間以上装着が必要

装着時間の目安は、1日20時間以上とされています。

マウスピース矯正は指定された着用時間が守られない場合は計画通りに歯が動かず、結果的に治療期間が延びてしまう可能性があるので注意が必要となっています。歯の表面にブラケットを接着してワイヤーで動かしていく「ワイヤー矯正」と異なり、マウスピース矯正はセルフコントロールが主体の矯正法です。しっかりとした自己管理が求められます。

2食事の時はマウスピースを外す必要がある

食事の時は、基本的にマウスピースを外さなくてはなりません。

マウスピースは歯にピッタリと密着した装置のため、歯磨き不足のまま着用すると歯とマウスピースの間に汚れが停滞し、虫歯が発生しやすくなってしまいます。また装着中は、お砂糖が入っているジュースの摂取時も虫歯のリスクがたかくなってしまうので、外してください。ノンシュガーのお茶やコーヒーなどは虫歯発生のリスクはありませんが、歯や装置に茶渋が付きやすくなります。気になる方は外してください。

3マウスピース矯正に適応ではない歯並びがある

マウスピースはすべての歯並びに対応しているわけではありません。抜歯をおこなって口元をガラリと変えるようなケースや、顎の大きさのバランス違いや顎のズレなど骨格に問題があるケースなどはマウスピース矯正で改善が難しい場合があります。お口の状態によってワイヤー矯正や外科矯正の方が適している場合があります。ご自身の歯並びがマウスピース矯正に適用するかについては、詳しい検査のもと担当医と相談してください。

一人で治療が出来るようになるまで

矯正治療をこれから学ばれるドクターへ、一人で治療が出来るようになるまでに何をしないといけないのかを少しまとめてみます。

一番重要なのは、診断です。

今、どのような状況なのか、現状の把握が最重要になります。その手立てとして、口腔内写真、顔面写真、レントゲン、歯列模型、口腔内診査などの資料を採取します。

次に、資料の分析を行います。何が原因で現在の不正咬合が生じているのか、原因の同定を行います。

原因がわかったところで、その原因を取り除く方法を考え、手順を考えます。これが治療計画になります。

治療計画を考えるうえで大切なのは、実現性です。例えば、上顎の大臼歯の遠心移動を5mm計画したとします。

その数字を自分が実現できるのか考えます。6-7coilで実現するのか、バルパスループで実現するのか、エクステンションLAで実現するのか、などそんなにたくさん方法がある訳でないので、一通り知識を仕入れて考えます。

つぎに、それぞれの方法のより具体的で詳細な情報を仕入れます。ワイヤーサイズはどのくらいがいいのか、バルパスの場合、ループの高さは、ストッパーの位置は、エクステンションLAの場合、設計はなど仕入れます。

最後に、実際に適用する口腔内の状態、患者さんの協力度、神経質かそうでないのか、仕事の内容など、メカニカルな情報以外の大切な情報を検討します。

そのうえで、先ほどの数字を実現できるのかどうか再度考えます。

もし、不安があるならば、他の方法を検討します。

そのようにして、実現可能と自信を持てる治療計画をたてて行きます。

治療の中で取り除かないといけない不正咬合の原因も、除去する順番を考慮することが必要です。

たとえば、上下ともにハイケナインであって、上下4番抜歯である場合、通常は、上下同時に、平和に遠心移動すればいいのですが、たまに、三級傾向で上顎の犬歯が下顎の犬歯をロックしてかつクロスバイトの場合、まず上顎の犬歯を引いて、クロスバイトを改善できるだけのスペースを作り、クロスバイトを改善してはじめて下顎の犬歯を引くことが出来るようなこともままあります。

クロスバイトの改善も、ディファレンシャルワイヤーをベンドできる力があるのか、ナイチノールワイヤーでしか治す技量がないのか、大切な判断材料になります。

診断をし、自信を持てる治療計画をたて、実際の治療に入ります。

治療に入ると、予想外のことがまま起こります。

そこで大切なのが、リカバリー力です。不本意な歯の動きが生じた場合、どんな原因で生じたのか原因を把握することが最優先です。原因を究明出来る力があること、ついで、それを治す方法(いわゆる引き出し)をだれだけ知っているのかが大切です。

それらをクリアーしてはじめて治療が完了します。

治療を振り返って、治療計画と実際の治療に乖離があれば、どこにその原因があったのかを反省することで、非常にスキルアップすると思います。