当院で扱う装置について-裏側矯正の目黒パークサイド矯正歯科

美しさにこだわった裏側矯正。裏側矯正なら目黒の矯正歯科にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
診療時間
火・水・金/11:00-20:00
土・日  /10:00-19:00
休診日
月・木
祝祭日
カウンセリング予約フォーム

当院で扱う装置について

1.アリアス

3つの特徴

アリアス

1.歯の動きが速い
摩擦が少ないためです。セルフレイゲーション方式は、ふたを閉めるだけなので、摩擦が格段に少なく、歯の動きがとても早いのです。しかも、二つあるセルフレイゲーション方式の中で、最も摩擦の少ない方法を採用しています。

2.装置が小さく違和感が少ない
違和感を極力減らすよう設計されています。

3.精度が高いため、正確に歯が動く
アリアスの溝は、垂直に作られているため、歯を後ろに引っ張る時に、構造的に絶対に力が抜けません。しかも、ふたの強度が他の装置に比べ格段に高く、歯が正確に動きます。

2.フジタブラケット

フジタブラケット

世界で初めて開発された、裏側矯正専門のブラケットです。40年以上前に藤田欣也先生によって研究開発されました。

世界で最も歴史のあるブラケットで、改良に改良を加えられ、現在は第6世代まで進化しています。

極めて高性能なブラケットで、治療不可能な症例はありません。

この装置のメリットは、どのような難しい症例にも対応できる、機能の高さです。

他の裏側矯正の装置は、ワイヤーを通す溝(スロット)は、水平か垂直のどちらか一つだけです。

しかし、この装置にはワイヤーを通すは水平、垂直、さらにもう一つの溝があり、合わせて3つの溝があり、どのような治療にも対応できるようになっています。

ワイヤーの固定が結紮線を使用する方法なので、摩擦の面で不利な面もありますが、どのようなシチュエーションにも対応できます。

当院では、重度の難症例には、この装置を必ず使用します。この装置のおかげで、裏側矯正治療に不可能な症例はありません。

3.ハーモニー

ハーモニー

特徴
ブラケットの歯と接着する面(ベース面)まで、金属で作られる。

ワイヤーを固定する方法
フタを締める(セルフライゲーション)方式で比較的しっかりしている。

大きさ
やや大きめで厚さがある。

メリット
・クリッピーより、ふたがかなりしっかりしている
・精度が良いので、摩擦が比較的少なめ

デメリット
・やや大きめ
・費用が高い

当院での対応
希望があれば使用しますが、アリアスで対応しています。

4.クリッピーL

クリッピーL

ワイヤーを固定する方法
フタを締める(セルフライゲーション)方式。ふたが壊れやすい。

大きさ
薄めだが、幅は大きめ。

メリット
厚さが薄い。

デメリット
ふたが弱く壊れやすく、ワイヤーを押さえる力が弱い。

当院での対応
必要があれば使用します。

5.ワイヤー治療+マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置

ワイヤーをつけている期間を短くするために、マウスピース装置と併用していきます。

6.保定装置

リテーナー

矯正治療後に移動した歯を安定させるための装置です。
3種類あります。

クリアリテーナー

1.クリアリテーナー
歯を完全に覆う透明なマウスピースタイプの装置です。特に前歯などの細かい歯の後戻りをしっかり押さえてくれます。
日中使用していただきます。

Beggタイプリテーナー

2.Beggタイプリテーナー
歯の表側をワイヤーで抑え、裏側からはプラスティックで歯を支える装置です。
比較的しっかりした装置なので、歯列の幅を維持する能力が高いのと、噛む面が開いている分、かみ合わせがさらに改善します。

Fixリテーナー

3.Fixリテーナー
歯の裏側に細いワイヤーを接着剤で直接固定する方法です。
接着剤が外れない限りは、歯が動かない安心感があります。
大人の方で、仕事柄、日中、装置を使用出来ない方や、前歯の後戻りがとても心配な方などに使用します。
歯の裏側に装置が付くため、歯磨きをしっかりしないと虫歯になるリスクはあります。

7.インプラントアンカー

歯科矯正用アンカースクリューは、いわゆる歯の代わりになるインプラントとは異なり、歯を引っ張る際の土台として使用する、小さなネジです。

大きさは、直径1.4~2㎜ぐらい、長さは6~10㎜ぐらいのチタン合金製です。

このねじを、固定をしてゆくのですが、ねじになっているため、ただ、ねじってゆくだけです。固定するときは、麻酔をして、およそ10分程度で終了します。

また、治療が終わった後は、逆方向に回せば外すことが出来ます。その際は、麻酔も必要ありません。

出っ歯の前歯を大きく引っ込めるとき、一般的には、犬歯の後ろの歯を抜くことがよくあります。

そして、奥歯と前歯で引っ張りあって引っ込めてくるのですが、奥歯は根がしっかりしているので動きにくいのです。しかし、それでも歯を抜いた隙間の1/4は奥歯が前によってきてしまい、抜いた隙間を100%前歯をひっこめるためには使えません。

インプラントを使った場合は、インプラントと、前歯で引っ張り合うので、奥歯は全く動かないため、抜いた隙間を100%前歯を引っ込めるのに使うことが出来るのと、安心して引っ張ることが出来るので、治療期間の短縮にもなります。

8.クリアティ

クリアティ

表側の透明な装置です。特色としては、摩擦が非常に少なく、歯の動きが極めて速い装置です。

ワイヤーをブラケットに固定する方法が、この装置にしかなく、極めて優れています。

装置の値段が高いため、費用はかかってしまうのですが、とても優れています。